FC2ブログ

冬晴れの日光連山と高原山

冬晴れの鬼怒川河畔を散歩。日光連山高原山が雪を冠しているため、立体的にわかりやすく見えました。日光連山の山名は間違っていませんでした、赤薙山から女峰山に至るルートの険しさが実感できました。

日光2019 
女峰山を拡大してみました。手前に見える白い模様が旧霧降高原スキー場です。白いスキー場に沿って鉄塔の高さぐらいまで天空の階段を登ります。右手の小さい山が丸山です。
中央の3つの尾根が交わったところが赤薙山です。そこから女峰山へは、右奥へ回り込んでから、左の山頂までのかなりの稜線のアップダウンが続く様子がはっきりと分かります。女峰山は本当に険しい山だということを実感できました。


赤薙から女峰 
次は高原山です。この山も巨大噴火を起こした大きなカルデラをもつ山ですので、見る角度で違って見えます。右側の3つの山頂は右から釈迦ヶ岳、中岳、西平岳です。この場所からは鶏頂山が西平岳の後方に隠れています。また、釈迦ヶ岳から右奥に続く稜線が八方ヶ原からの登山道です。以前は途中の小さい峰が剣ヶ峰、手前の大きな峰が大入道と思っていました。

高原山2019 
しかし、拡大した写真で見ると中央の峰が矢板市最高地点1590mで、その奥に剣ヶ峰1540mの連なっているので剣ヶ峰は見えないことが分かりました。そして矢板市最高地点の左下の白く雪のあるところが眺めのいい八海山神社の位置する場所と分かりました。釈迦ヶ岳は矢板市最高地点からぐっと奥に凹んだ稜線を歩き、最後に急登が待っている。まさに、苦労して登ったルートを再確認できました。


剣ヶ峰八海山  
雪が着いた山々を見ることで、栃木の山の良さに気づくことができました。



我が家から見える栃木百名山:前篇(西の窓から)



関連記事

コメント

非公開コメント

タムちゃん1961

FC2ブログへようこそ!
栃木県百名山を2017年の夏に6年間かけてすべて登りました。今は、県外の山も含めて写真を撮りながらのんびり登っています。登山や写真の情報を共有したいのでよろしくおねがいします。

プロフィール

タムちゃん1961

Author:タムちゃん1961
FC2ブログへようこそ!
栃木県百名山を2017年の夏に6年間かけてすべて登りました。今は、県外の山も含めて写真を撮りながらのんびり登っています。登山や写真の情報を共有したいのでよろしくおねがいします。

スポンサーサイト

いつもありがとうございます

スポンサーサイト

リンク